IT業界で多様する言語とは – 初心者向け

26 8月
LINEで送る
Pocket

ある業界内での共通言語とは何でしょうか。

 

 

共通認識

全員が同じ方向を向くためにどの業界、または会社内でも共通認識を確認するための共通言語は存在します。

 

 

新たな環境にチャレンジしたければ、その業界で会話として登場する言葉の意味も事前に覚えておく必要があります。

 

 

IT業界で使われる言葉について

 

 

もし、あまり分からないという場合はなんとなく、カタカナが多い・日常的に英語が混じっている等のイメージを持たれていることがあると感じます。

 

 

Webマーケティングを勉強し始めて1年以内の人(私もそうです。)は特に、文章としては出会わないけど、人との会話の中で始めて出会うであろう言葉を事前にマスターしておきたいところです。

 

 

では、日常的に使われるIT業界での言葉の意味を今の段階でどれだけ理解できているでしょうか。

 

 

IT業界で使われる言葉の意味を確認するために良い記事を見つけたので、ご紹介させていただきます。

 

ここまで勉強してきた内容が活かせればある程度の意味は理解できるはずです。

 

使い過ぎるとカッコ悪い】 IT業界のルー語 BEST40(不自然に多用しないように気をつけます。)

 

 

いかがでしょうか。

 

 

IT業界に関わらず、日常的に耳にする言葉も多く登場したと思います。

 

 

私は現段階で、7割ほどの意味は分かりました。

 

 

始めて聞く言葉もありました。

 

 

これらの言葉をまずは自分でおかしくない程度の使っていきましょう。

 

 

使うことで当たり前になり、その変化にも慣れるはずです。

 

 

以上、IT業界で多様する言語とは – 初心者向けでした。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です