MarsEditでプレビュー画面をオリジナルのブログプレビューにする方法

1 11月
LINEで送る
Pocket

MarsEditでプレビュー画面をオリジナルに設定しましょう

 

 

marseditpreview

 

 

こんばんは。
私は最近はWordPressのブログをMarsEditで作成しています。

 

使い心地が良いので、それが一番ですね。

 

しかし、デフォルトではプレビュー画面が実際のブログで投稿された画面とは異なり、投稿してから少しイメージが違ったことに後から気づくということもしばしばあります。

 

 

そんな時に使える、MarsEditのプレビュー画面のカスタマイズ方法をご紹介します。

 

 

 

オリジナルのプレビューを設定する方法

 

 

まずは、WordPressの管理画面にログインし、新規投稿記事を作成します。

 

ここで、タイトルと本文を次のように入力します。

 

  • タイトル=#タイトル#
  • 本文=#本文#

 

(これは、後から分かりやすくするための文字なので他の文字でもだいじょぶです。)

 

 

新規投稿を追加 初心者向けマーケティング WordPress 1

 

 

入力できましたら、プレビューをします。

 

 

新規投稿を追加 初心者向けマーケティング WordPress

 

 

プレビューされた記事のソースコードを表示させます。

 

そのソースコードを全て選択しコピーしましょう。

 

 

ソースコードを表示

 

 

ソースコードのコピーが終わりましたら、テキストエディタにペーストします。
(エディタは何でも良いと思います。私は「mi」を使いました。)

 

ペーストが完了したら、先ほどの#本文#と#タイトル#を次の文字列に置き換えます。

 

  • #本文# → #body##extended#
  • #タイトル# → #title#

 

エディタの検索ツールを使用して置き換えをしていくとスムーズです。

 

 

検索 置換

 

 

置き換え作業が終了したら、Googleアナリティクスを導入している方は該当のコードを消してから全て選択してコピーします。

 

 

ソースコードを全て選択

 

 

ここからMarsEdit側での作業になります。

 

MarsEditで「Blog」から「Edit Preview Templete..」をクリックします。

 

 

marseditでの設定

 

 

この中身をまるっと先ほどエディタの方でコピーした内容に上書きします。

 

上書きが完了したら、「Save Changes」をクリックします。

 

 

marseditでの設定

 

 

作業は以上となります!!

 

これで、新たに投稿のプレビューを開くと、オリジナルのプレビューになっていることが確認できます。

 

簡単な内容で、より便利に使えるのでまだ知らない方は試してみてください。

 

以上、MarsEditでプレビュー画面をオリジナルのブログプレビューにする方法でした。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です