webビジネスを味方につけるための基本手法とは

19 10月
LINEで送る
Pocket

photo-1442406964439-e46ab8eff7c4

受け売りな考えではなく、あくまでも情報を見極める視点はクライアントサイドに必要

 

webマーケティングにおいて、あまりにもお馴染みの手法がそれこそ星の数ほど出回っていて、少し切り口を変えた体で、実際には従来の手法を売っているエージェンシーの方々が多く存在します。

そういった手法にクライアントは飽きているし、混乱を招いているということも事実ですね。

 

 

とはいえ、マーケティングや広告における普遍の原則というものはやっぱり存在するので、その情報がどれだけの鮮度を持っているか?というのは一定の判断がクライアント側でもしらべれば可能となります。

 

 

そんな背景を踏まえて大枠で考えた時に、広告界隈の全てを他社に運用させるのではなく自社で内製化してノウハウ自体をマスターするという選択、あるいは広告の得意分野別に依頼先を分けて最適化する、web広告を一切やめる、全てを信頼できる人物に任せる、などなど選択肢もあるわけですね。

 

 

結局何が一番良いかというと、まずは自分で一通り勉強をしてみるということです。

 

 

1週間ほど、web施策のノウハウについて片っ端から本を本でいくことをオススメします。

 

 

そのうえで、発言に信頼できる企業に依頼するというのが正しいプロセスではないでしょうか。

 

 

ある程度クライアントサイドでも精査するためのinputが必要ということですね。

 

 

そして、どんなweb施策をするのが効果的か?ということに関しては、具体的なアドバイスを聞き出し、まずは少額の運用からスタートするのが慎重なやり方ですね.

 

 

もちろん、そんなプロセスを踏んでいる段階で、もっと投資することにより本来もっと利益を上げられた可能性という視点も存在しますが。

 

 

いずれにしても、星の数ほど存在するSEO会社やエージェンシーに関して、慎重な方法をとる場合のアドバイスでした。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です